北海道の産業遺構を巡る

北海道の産業遺構を巡る、旧住友赤平炭鉱立杭跡

北海道の産業遺構を巡る、旧住友赤平炭鉱立杭跡

北海道の産業遺構を巡る、その一。旧住友赤平炭鉱立杭跡

 

行程: 札幌==赤平炭鉱==松尾ジンギスカン本店、東郷青児?(滝川)==札幌

 

  • 立杭やぐらは今での赤平のシンボル的建造物。1963年(昭和38年)に完成。総工費約20億円。高さ43.8メートル、直径6.6メートル、巻機1600kw。深さ650メートルまで鉱員を送る一方、採掘した石炭を引き上げるのにも用いられた。鉱員が入坑する際に使われた4段ゲージ(エレベーター)は、1段18人、合計72人もの人員を高速で輸送し、その技術は当時東洋一と謳われた。住友赤平炭鉱は1938年(昭和13年)に開鉱し、1994年(平成6年)に閉山。最盛期の出炭量は年190万トン、約5千人が働いていた。閉山後も機械、電気系統などが稼働時のまま残されており、現在でも動かすことができると言われている。

予約品目が見つかりませんでした。

 

その他の産業遺構

羽幌炭鉱(北海道苫前郡)

旧太陽小学校校舎(北海道苫前郡)

旧北炭清水沢火力発電所(北海道夕張市)

奔別炭鉱跡(北海道岩見沢市)

北炭幌内炭鉱変電所跡(北海道三笠市)

 

予約品目が見つかりませんでした。
PAGE TOP